リタイヤおやじの自転車日記

 学生時代から定年後も続けるサイクリングを中心とした日々を綴っていきます

スポンサーリンク

飯能の天目指峠へ

6月20日(日)

近場のサイクリングコースの中で、最近全く訪れていない区域がありました。埼玉県西南部の飯能市を中心とするエリアです。2年前までの勤務地であったため、意識して避けてきたのです。退職して2年たち、ちょっと懐かしくなり、足を向けてみることにしました。

9時に自宅を出発、千川上水玉川上水沿いに進みます。

f:id:cyctam:20210621104226j:plain

畑の脇を走る(右側に玉川上水立川市幸町)

10時55分に立川市上砂町で残堀川と交差します。ここまで28キロでした。ここから残堀川沿いに進み、瑞穂町市街の先で、水源の狭山池に着きました。私も初めて訪れました。

f:id:cyctam:20210621110238j:plain

狭山池公園(瑞穂町箱根ヶ崎

狭山池からは八高線沿いに北西方向に進み、飯能駅南口前を通り、国道299号秩父方面に向かいます。

東吾野駅近くのカフェーで食事しました。店には仕事で顔見知りの人がいましたが、こちらから名乗って気付いてもらいました。

飯能市街から22キロほど進んだ南川で左折し、「上名栗」方向に進みます。道は狭くなり、周りは樹木で覆われて暗く、日射は避けることできます。勾配はそれほどきつくはなく、休まずに峠に着きました。峠には東屋、ベンチがありますが、山中の鬱蒼とした感じの場所です。14時35分、71キロ、標高488メートルでした。

この道は仕事では車で何度か通っていますが、自転車で走ったのは学生時代以来の45?年ぶり2回目だと思います。

f:id:cyctam:20210621114429j:plain

天目指峠

峠を越えて、名栗側に降りました。時間に余裕があるため、数キロ上流の名郷まで行ってみました。ここで15時、77キロでした。

このあとは、名栗街道をまっすぐ下り、西武線飯能駅から輪行で帰宅しました。飯能市街に近づくにつれて道が狭く、車も多くなり、やや走りにくい道でした。

飯能駅着 16時20分 走行距離 101キロ  上りの累積標高 737メートル

醍醐林道へ

6月12日(土)

近場の片道輪行コースを検討しているうちに、ここ10年位、走っていないコースがあることに気づきました。和田峠の北側をとおる醍醐林道です。なぜか冬場にしか走った記憶がありません。あまり訪れてなかったのは、全走するには遠すぎ、片道輪行には近すぎる微妙な距離のためです。コロナ禍で、輪行するにしても混んだ路線・車両を避け、私の場合は西武新宿線だけを利用したいという思いがあります。

9時に自宅を出て、水道道路で多摩川に向かい、10時20分に砧浄水場脇から多摩川サイクリングロードに入りました。人出は少なめの印象です。

f:id:cyctam:20210613111438j:plain

多摩川(狛江市元和泉)

11時過ぎに調布四谷橋から浅川サイクリングロードに入りました。ここまで32キロです。八王子市役所を過ぎたところでサイクリングロードから北浅川右岸沿いに進もうとしますが、うまくいきません。陣馬街道に出たところに蕎麦屋があり、昼食にしました。ここからは陣馬街道を走り、上恩方の和田峠への分岐に着いたのは13時45分、ここまで61.5キロでした。

分岐を直進し、醍醐林道に向かいます。道幅が狭くなり、車の通行も少なく、かなり山奥の趣ですが、人家は点在しています。ロードで下ってきた人に会いました。和田峠から来たのか、引き返してきたのかはわかりません。

f:id:cyctam:20210613114613j:plain

林道手前の急坂

林道は工事中で通行止めの看板がありましたが、休工中になっていたため、行けるところまで行ってみることにしました。

f:id:cyctam:20210613115448j:plain

工事中通行止め

林道は全面舗装で、工事中(終わっている?)の区間もありませんでした。ほぼ全域が木陰の中で、夏向きのコースと言えるかもしれません。中盤はかなり急坂が続き、休み休みの走行でした。

f:id:cyctam:20210613120804j:plain

森の中を進む醍醐林道

ピークが近づくと、勾配はゆるくなり、ピークから和田峠までは未舗装になります。和田峠に着いたのは15時、ここまで70キロでした。

f:id:cyctam:20210613121635j:plain

和田峠

和田峠から八王子側に下り、そのまま陣馬街道を市内まで走り、浅川サイクリングロード、大和田橋から北上し、多摩大橋を経て、玉川上水に出て、玉川上水駅から輪行で帰宅しました。

玉川上水駅着 17時20分 走行距離 104キロ  上りの累積標高 933メートル

羽村右岸へ

6月5日(土)

この週末、天候が期待できず、近場の走りになりました。2月21日と全く同じルートです。

9時前に自宅を出て、水道道路で多摩川に向かい、10時15分に狛江市の多摩川河畔に着きました。多摩川サイクリングロードに入りましたが、普段の休日と比べると人出は少ないようです。

f:id:cyctam:20210606110104j:plain

多摩川河原には釣り人も(狛江市元和泉)

サイクリングロードを西へ向かい、追い風で楽に進むことができました。

12時にサイクリングロードの終点羽村取水堰に着きました。ここまで51キロです。ここから羽村堰下橋で対岸に渡りました。

f:id:cyctam:20210606111708j:plain

羽村堰下橋から上流側

f:id:cyctam:20210606113449j:plain

遊歩道がある区間あきる野市草花)

この多摩川右岸から上流は車道はなく、下流側も整備された遊歩道は一部だけですが、流れに沿って下り、永田橋に出て、左岸のサイクリングロードに戻りました。ここで12時30分、55キロでした。

睦橋でサイクリングロードを離れ、昼食をして、玉川上水千川上水のルートで帰宅しました。

自宅着16時 走行距離93.5キロ 上りの累積標高352メートル

藤原峠へ ー北秋川から上るー

5月29日(土)

しばらく自宅からの全走ルートしか走っていません。少し遠出がしたくなり、帰路だけ輪行で走ることにしました。1ヶ月半前に走った藤原峠の逆周りルートです。身近な山岳コースになります。

8時40分に自宅を出発、千川上水玉川上水沿いに走り、拝島駅前を通過したのは11時10分、ここまで32キロです。睦橋で多摩川を渡り、秋川沿いの道に入ります。秋川で泳いでいる男の子10名(小学生か中学生)がいました。

f:id:cyctam:20210530110213j:plain

田植えが始まる(あきる野市引田)

武蔵五日市駅を通過したのは12時、ここまで46キロでした。檜原街道に入り、12時30分に檜原村役場のある本宿に着きました。ここの食堂で昼食にしました。本宿で北秋川と南秋川に分かれます。今回は久しぶりに北秋川から進むことにしました。

この日、ロード乗りは普通に見かけましたが、競技志向ではなく、私のような単独行のツーリング志向のサイクリストを何人か見かけました。北秋川は車が少なく、山里をのんびり走ることができます。

北秋川を奥に進み、道は狭く、勾配が急になり、本宿から6キロほどで林道入口になります。全面舗装後、北秋川側から上るのは初めてです。下のほうが勾配はきつく何とか踏ん張り、ノンストップで峠まで着くことができました。南からのアプローチよりきついようです。

峠の直前で、ニホンザルの群れに会いました。自転車で近づくと逃げてしまいました。

藤原峠着:14時50分、70.5キロ

f:id:cyctam:20210530114548j:plain

藤原峠

そのまま下り、下数馬で檜原街道に出て、本宿を経て武蔵五日市駅まで走り、輪行で帰宅しました。

武蔵五日市駅着 16時30分 走行距離 97.5キロ  上りの累積標高 1083メートル

荒川から多摩川へ

5月23日(日)

この1週間毎日雨が降り続き、この日は朝から久しぶりの晴天に走り出しました。コースは3ヶ月前の逆周りの予定です。

朝方、ちょっとゴタゴタして出発したのは、9時15分でした。自宅から北上し、中板橋から石神井川沿いに下り、王子駅を通り江北橋から荒川サイクリングロードに入りました。10時25分、12キロです。

サイクリングロードは、ロード乗りは少なく、家族連れ等普通の自転車で走っている人がかなり多く見られました。

荒川右岸を下り、清砂大橋で対岸に渡り、左岸の河口近くの荒川河口橋を渡り返し(右岸からは荒川河口橋に接続していないため)、湾岸道路の南側の一般道を進みます。湾岸沿いに走り、東京ビッグサイト前を右折し、有明豊洲市場を通り北上します。

f:id:cyctam:20210525104416j:plain

有明アーバンスポーツパーク

築地大橋の歩道・自転車道に入り、そのまま浜離宮の北側を進みます。

f:id:cyctam:20210525105005j:plain

浜離宮(築地側から)

湾岸沿いに、ほぼモノレールの軌道に沿って南下し、港南大橋からは京浜運河の東側を進みます。ここで、コンビニで昼食を調達し、近くの公園で食べようとしましたが、混んでいたため、京浜運河緑道公園の南端のベンチのある休憩所まで走り、昼食休憩としました。多摩川河口の穴守に着いたのは13時45分、ここまで61キロでした。

f:id:cyctam:20210525111837j:plain

海老取川(大田区羽田)

多摩川サイクリングロードでは、家族連れの散歩や自転車がかなり多くなっていました。当日朝までの雨で所々路面が冠水している箇所もあり、最長30メートル程度のものもありました。私は構わず水しぶきを上げて通過しましたが‥‥。

多摩川玉川公園付近はグラウンド脇の砂利道が続きます。グラベル走行を楽しめると好んで走っていますが、他にロードで走っている人を見かけません。

浄水場付近に着いたのは15時15分、82キロでした。ここで、サイクリングロードを降り、水道道路を通り、帰宅しました。

自宅着16時35分 走行距離97.5キロ 上りの累積標高 433メートル

スポンサーリンク